【入りすぎたカラーを落としたい】染まりすぎたカラーを当日に落とす方法

髪のお悩み解決

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
 

きーにょ
こんにちは!
焼津市の美容室CA-PETZの きーにょ です。

 

美容院でヘアカラーをしてみても「何か色が入りすぎた気がする」ということありませんか?
 
イメージしていたカラーとは違ってしまうので、当日のうちに落としたいと思ってしまいますよね。
 
カラーを落とす方法はさまざまありますが、当日からでもできる方法もあります!
 
今回はそんな入りすぎたカラーを当日に落とす方法を紹介していきます。

 



 

入りすぎたカラーを落とす方法

 

 
入りすぎたカラーを落とす方法はググるとかなりの数が出てくるのですでに方法を知っている人も多いのではないでしょうか。
 
ただ、1つだけ注意をして欲しいことは ”色味を落とす方法のほとんどは髪に負担をかける” ということです。
 
下手にやりすぎてしまうとカラーの色を落とすだけでなく、髪も傷ませてしまう可能性もあるんです。
 
その点だけは気をつけて色落としをやってみてください。
 

熱めのシャワーで流す

 
熱めのシャワーを使って髪を流していくことでカラーの色を落とすことができます。
 
カラーの色味成分は熱に弱い性質があり、アイロンなどの高温を加味に当てていくことで色落ちが早くなります。
 
色を落とす目的でアイロンを使ってしまうと髪にはかなりの負担がかかるだけなので、”シャワー” で代用していくイメージ。
 

42〜3℃がおすすめ!

 
シャワーで色を落とすときには ”42〜3℃” に設定して流していくことがおすすめです。
 
あまり熱い温度でやってしまうと髪や頭皮の乾燥にも繋がってしまうので ”ちょっと熱い” くらいの温度がいいんです。
 

色落としレベル ★★☆☆☆
髪へのやさしさ ★★★★☆
色を落とす早さ ★☆☆☆☆

 

市販のシャンプーを使ってみる

 
市販のシャンプーは洗浄力が高いので洗っていくことで汚れなどと一緒にカラーの色味も落とすことができます。
 
”高級アルコール系” の洗浄成分を使っているので、値段も安く手に入れることができますし、洗浄効果も高いので色を落とすことにも使えるんです。
 
普段使いには髪や頭皮への負担があるのであまりおすすめはできませんが、要は ”使い方” が大切なんです。
 

手軽にできて色を落としやすい

 
シャンプーを変えるだけなので、特別なことをしなくていいのがポイントです。
 
カラーの色を落とす方法となると普段のヘアケアにプラスして何かをやらないといけなかったりします。
 
けっこうめんどくさくて諦めてしまうことが多くなってしまうんですよね。それがなくなるので市販のシャンプーを使うのはけっこうおすすめなんです。
 

色落としレベル ★★★★☆
髪へのやさしさ ★★☆☆☆
色を落とす早さ ★★★☆☆

 

美容師がおすすめできる市販のシャンプーはこちらの記事で紹介をしています。気になった方はチェックしてみてください。
美容師が選んでみた!おすすめ市販シャンプー5選
※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。 シャンプーは毎日していくものなので自分好みのものを選んでいきたいですよね。 「香りが良いシャンプーを選ぶ」「評価が良いものをなんとなく使ってみる」といった感じで選んでい...

 

シャンプーの回数を増やす

 
シャンプーの回数を増やしていくことでカラーの色を落とすことができます。
 
普通にシャンプーをしていってもヘアカラーは色落ちをしていきます。その回数を増やすことで色落ちが早くなるんです。
 
市販のシャンプーを併用していくことでより色を落とすのを早くしていくことができますよ!
 

2〜3回やれば効果がわかりやすい

 
シャンプーも ”2〜3回” やっていくことで見てわかりやすいくらい色の変化が出てきます。
 
2〜3回のシャンプーでだいたい、3〜4日経ったときのような色味の変化になるのでわかりやすくなります。
 

色落としレベル ★★★★☆
髪へのやさしさ ★☆☆☆☆
色を落とす早さ ★★★★☆

 

シャンプーを泡立てて放置

 
シャンプーを泡立てた状態で放置しすることで色を落とす効果をアップさせることができます。
 
市販のシャンプーはもちろん、美容院で買うようなやさしいシャンプーでも色落ち効果を出すことができるのでおすすめです。
 
だいたい ”5〜10分” ほど放置していくことで染まっている色味を落とすことができるのでけっこうお手軽です。
 

放置するから時間効率が良い

 
シャンプーをして、そのままの状態で時間を放置すればいいだけなのでその間い他のことをすることができます。
 
顔を洗ったり、身体を洗ったりしていれば5〜10分くらいすぐに経ってしまうのではないでしょうか。
 
お風呂の時間が伸びてしまわないようにするにも一役かってくれますね!
 

色落としレベル ★★★☆☆
髪へのやさしさ ★★★☆☆
色を落とす早さ ★★☆☆☆

 

ホットタオルを使ってトリートメントを放置

 
トリートメントを放置するときにホットタオルで頭を包み込むことで色を落とす効果も追加していくことができます。
 
最初に紹介したように色味の成分は熱に弱い性質があります。ホットタオルで包むことで色落ちを促進させていきます。
 
トリートメントを使っているので髪に負担がかからないのが嬉しいポイントです。
 
ただ、その代わりに色を落とす早さはゆっくりめです。
 

ホットタオルはレンチンでOK!

 
ホットタオルってどうやって作るの?と思ってしまうかもしれませんが、とても簡単なんです。
 
水分を軽く含ませたタオルを電子レンジで20秒ほどチンするだけで簡単に作ることができます。
 
トリートメントに浸透を助けることもできるのでヘアケアをしていくときにもぜひやってみてくださいね!
 

色落としレベル ★☆☆☆☆
髪へのやさしさ ★★★★★
色を落とす早さ ★☆☆☆☆

 



 

脱染剤を使ってみる

 

 
上で紹介した入りすぎたカラーを落とす方法は 基本的には髪にやさしいもの です。
 
しかし、そのために色を落とす効果が若干弱いのが悩みどころ。せっかくやってもあまり色が変わっていない。という感じ方をすると思います。
 
なので即効性のある ”脱染剤” を使っていく方法を紹介します。
 

きーにょ
美容師的にはあまり紹介したくない方法ですが、即効性はあるので本当に色が気になってしまっている人には良いかもですね。

 

脱染剤とは?

 

脱染剤はカラー剤によって染められた人工的な色素を分解する働きがあります。カラー剤やブリーチは地毛のメラニン色素を分解していきますが、脱染剤はカラー剤の色味だけを分解することができます。メラニン色素を分解することができないので髪色を明るくすることはできません。

 
脱染剤はカラーで染まっている色素の成分だけを分解していくことができます。
 
カラーをして入りすぎてしまっても色を落とすことが簡単にできるアイテムなんです。
 
※ただ、色味によっては抜けない場合もあるので気をつけてください。
 
また、こうやって書くと、
 

なんだ、簡単に色を落とすことができるじゃん!

 
と思ってしまう人もいるでしょう。
 
たしかに、脱染剤を使っていくことで簡単に色を落とすことができます。
 
しかし、薬剤を使っていくので髪に負担をかけてしまうことも事実です。
 
リスクもあるということは覚えておいてくださいね!
 

おすすめ脱染剤 “アリミノ ティントエスケープ”

 


 
さて、注意事項も書いて置いたのでおすすめの脱染剤も紹介しておきます。
 
”弱アルカリ性の優しい脱染剤” です。
 
パウダータイプの1剤と2剤を合わせて使っていくアイテムです。(カラー剤のように使っていく)
 
混合させえていくときにもダマができにくい処方になっているのでムラになりにくいのがポイント!
 
弱アルカリタイプなので他の脱染剤に比べるとやさしく色を落とすことができます。
 

美容院に相談しよう!

 

 
最終手段というか、正直、一番おすすめな方法なのですが、カラーをした美容院に相談すること がおすすめです。
 
美容院なら髪質に合わせて最適な方法で色を落とすことができます。
 

きーにょ
美容師としても気に入っていないカラーの場合はすぐに言ってもらって気に入るカラーにする方がいいんです!

 

入りすぎた色も落とすことができる

 
美容院で染めていっても髪質や色味のチョイスによっては思ったより暗くなってしまうこともあります。
 
インスタなどで撮影した写真だと照明なども使っているので明るめに見えたり、透明感が出たりします。
 
なので、気に入った色味にならなかったときには「一旦リセットして入れ直す」という選択もありですね。
 

入りすぎたカラーを落とす方法
  • 熱めのシャワーで流す
  • 市販のシャンプーを使ってみる
  • シャンプーの回数を増やす
  • シャンプーを泡立てて放置
  •  
    こんな方法を使って入りすぎてしまったカラーをリセットしていくことができます。
     
    気に入らないカラーで過ごすことはけっこうストレスにもなってしまうので気に入るカラーに直したいですよね。
     
    今回紹介した方法なら髪にあまり負担をかけずに色を落とすことができるのでぜひ試してみてくださいね!

    タイトルとURLをコピーしました